pindotは1995年、東京西荻窪にオープンした布地の店。
6 坪ほどの小さな店内に、洋裁から小物作りのための布、
ボタン、トリミングなどを揃えています。

はじめてのことだらけで、ドキドキしながら
オープニングのポストカードをこんなふうに
書きました。


小さな布地屋を始めます。
水玉が大好きなので店の名前はpindot
ベーシックな布を中心に、
デッドストックのボタンや
裁縫箱など、ソーイングが楽しくなる
小物も集めました。
また、懐かしい1950〜60年代の布が
ニューヨークから定期便で届きます。
ぜひお立ち寄りください。

これは10年以上たった今も変わりありません。
たくさんの布好きのお客様に支えられ
いつのまにか14年たちました・・・・。
これからもどうぞよろしく。

店主 茅木真知子

ドアをあけるとこんなかんじ
 
  

[お問い合わせ]

お電話またはファックスで。
e-mailでのお問い合わせは、
メールフォームよりお願いします。
〒167-0054 東京都杉並区松庵3-39-11
シティコープ西荻202
Phone / Fax 03-3331-7518
12:00〜19:00営業 月曜、火曜定休
JR西荻窪駅南口より徒歩2分
茅木真知子

文化服装学院卒業後
ファッション雑誌「装苑」の
編集部を経て
フリーランスのスタイリストになる。
1992年、はじめての
ソーイングブック
「いつまでも好きな服」を出版。
現在著書は20冊をこえる。
布好きが高じて1995年11月
布地の店「pindot」オープン